フランス語の翻訳なら、フランス語翻訳WEB

フランス語翻訳の実績

こちらのページでは、アーキ・ヴォイス フランス語翻訳WEBで、これまで実際に受注し納品いたしました翻訳案件の一部を、ご紹介いたします。 (なお、以下の実績はこれまで弊社にいただいた案件の一部で掲載されていない案件も数多くあります。)

実績紹介

1) 某メーカーのデジタル機器翻訳

デジタルビデオの液晶部分に表れる用語を英語からフランス語に翻訳する案件。 字数制限がある為、メーカー特有の言語表記を用語集として 社内で共有しておいた結果、緊急の依頼に対しても無事に翻訳終了。

2) 医療系企業の医療機器用語翻訳

医療従事者が操作する機器の操作用用語を日本語からフランス語に翻訳する案件。 操作を間違えると命に関わる為、医療分野に精通した翻訳者2名による 「バイリンガルチェック」を含めた体制で翻訳作業。 日本語における医療分野用語を正しくフランス語に翻訳し、 バイリンガルチェック担当者が日本語とフランス語の用語を 確認・訂正することで、正確な翻訳のみならず、簡潔でわかりやすい用語をお客様に納品。

3) 大学での講演会テープ起こし翻訳

講演会で録画された映像を紙媒体にて出版する為に 文字起こしをした後、フランス語から日本語に翻訳する案件。 翻訳された文章がそのまま出版される為、「バイリンガルチェック」を 含む翻訳体制で作業。文字起こし担当にはネイティブのフランス人翻訳者を たてて、正しくフランス語音声を聞き取る事に集中。 そして、フランス語を書き記した後、日本語への翻訳作業。 その後、日本人バイリンガルによる書き記されたフランス語と日本語の確認を 経て、出版された際に読みやすい日本語に修正した翻訳物を納品。

4) 分割納品してクライアント様のご希望に合わせた翻訳

日本企業において、大量の技術関連の調査報告書のフランス語和訳が発生した。10万ワード分以上の翻訳を行う必要があり、当初「文書内における専門用語の統一は必要ない。とりあえず翻訳が必要なので、納期を優先してほしい」というクライアントさまからのご要望があった。したがって、弊社では複数人の翻訳者を立てて作業を行った。

分量が多かったため、弊社では時期を割り振り、一部ずつ分割して納品を行った。するとクライアント様から、「やはり訳した専門用語の統一をした方がいいかもしれない」というご相談があった。 弊社ではすぐこのご希望に対応できるよう、その時点以降での用語統一を行えるよう、体制を変更。1人用語統一を担当できるものを準備し、上がってきた翻訳の専門用語を統一した。 クライアント様からはお褒めのことばを頂き、その後も他の言語での翻訳をいただけるようになった。

日仏・日本語→フランス語翻訳

赤外線コード取説明HTML翻訳日本語→フランス語
電子機器(スキャナー)の取扱説明書
フィブラロッドと補強筋のコスト比較文書
離婚調停手続きの必要書類
日本語の歌詞翻訳
ポストドクター用履歴書
アスファルトに関する学術論文のアブストラクト
輸出用商品の警告ラベル
飲食店向けPR文書
借用証書
養子縁組手続きの必要書類
ガイドブック
太陽光システムのソフトウェアマニュアル
市場調査用アンケート
日本文化に関する万博パンフレット
オフィスチェアなどの取扱説明書
観光系WEBサイト

仏日・フランス語→日本語翻訳

製剤成分に関する文書フランス語→日本語
支払い文書
フランス産業省のレポート
医師へのインタビュー翻訳・テープ起こし
フランス語法律文書
医薬品の取扱説明書
監査報告書
各種特許文書
教育関連文書
警察調書
医療診断書
事故調査表
経歴書資格証明書
厚生労働省提出用 新薬申請書類
原子力に関するレポート
製薬会社間の技術供与など契約書
形態学・生理学・分類学に関するモノグラフ

英語→フランス語翻訳

機器取扱説明書英語→フランス語
食品の国際規格関連アンケート
ソフトウェアユーザーマニュアル
試薬関連文書
スキャナー取扱説明書

フランス語→英語翻訳

マーケティング報告書英語→フランス語
シャンプーマーケティング資料